HOME > 秦家住宅 > 住まいと暮らし
image

。。。このページはただいま準備中です。。。

木枯らし一号の便りも聞こえ、家じゅう、どこを歩いても、床面からの冷気を感じるようになりました。とくに土間の炊事場の寒さは堪えます。いよいよ、冷たい冬のはじまりです。
 京都の寺社では、冬の訪れと共に『お火焚き祭』という行事が行われますが、秦家の建つお町内、太子山でも、聖徳太子の命日に『お火焚き』を行うのが慣例になっています。今年度、一組組長の役目を預かる当家には、この日に燃やす護摩木が家々から集まってきました。お火焚きは、毎日の暮らしに欠かすことのできない『火』への畏敬の念のあらわれなのです。

 

 

 


















 

 

 

 

京都・下京 秦家住宅 〒600-8469 京都市下京区油小路仏光寺下ル太子山町594番地 TEL/FAX:075(351)2565  mail2565@hata-ke.jp

copyright hata-ke.2008.All rights reserved