HOME > 秦家住宅 > 建物のこと

立面図

屋根看板 click! 厨子二階 click! 虫籠窓 click! 大戸 click! 平格子 click! 出格子 click!

 


建物のこと

■『表屋造り』の京町家

秦家住宅は店舗棟、玄関棟及び居住棟を2つの庭がつなぐ「表造り形式」の町家。
幕末、蛤御門の変(1864)による大火で焼失後再建されたもので
店舗が最も古くて明治2年(1869)、玄関棟・居住棟はこれに多少遅れて再建と伝えられます。

■秦家住宅へ入ってみましょう。
(□の文字にカーソルをおいてクリックしてください。)


■秦家住宅 1階平面イメージ図

平面図

※町家には大きく3つの形式があります。※

【表屋造り形式】
商いをする「ミセ」のある表棟と住居棟のあいだに中庭、奥庭の二つの庭が配された間口が五間以上を有する町家。
【通りニワ形式】
表から裏まで通る土間(通りニワ)に沿って居室の配された間口が二間半以上の町家。
【裏長屋に多くみられる】
間口が二間以下の場合は通りニワをつくらない。
   
外灯  玄関〜中庭 薬の吊り看板
ミセ-平格子 

格子越し

通り庭
奥座敷  襖-唐紙  

外廊下

土蔵

京都・下京 秦家住宅 〒600-8469 京都市下京区油小路仏光寺下ル太子山町594番地  TEL/FAX:075(351)2565  mail2565@hata-ke.jp

copyright hata-ke.2008.All rights reserved